愛犬の避妊の手術を通じてきました。

今日は、愛犬の執刀のお天道様でした。
我が家の愛犬はポメラニアンの妻だ。
子宮を取り去るかどうか、悩みました。もしものことがあったら、麻酔から目が覚めなかったらといった
不安もたくさんありましたが、男子とも対話乳児を産ませる予定はないので病魔の懸念が
鎮まるならと腹づもりをしたのです。
ゆうべから絶食のまま病魔へいきました。
解説を聴き、夕刻に面会できるから男子って配達をしたりして
チャンスが経つのを待っていました。
も、到底落ち着かなくて見まがうのは愛犬のことばかりでした。
真昼ご飯を食べている時に、クリニックから呼びだしがきました。
何かあったのではないかと、ドキドキしながら呼びだしにでると、乳歯がのこっているので
一緒に抜いておきますとのことでした。
はぁ、びっくり・・・。
夕刻になり、面談に行くとインストラクターから「無事故終わりましたよ。」と連絡をうけ摘出した子宮を
見せてもらいました。
愛犬は、ふっと麻酔の結果もあるのかぼーっとしていましたが私たちの性質を見るとしっぽを
ふってケージのスレスレまできて、作戦をペロペロしてくれました。
意外にも気力そうな愛犬の性質にちょこっとホッとしてクリニックをあとにしました。
2泊3お天道様の入院なので明後日おむかえにいってきます。
2泊も離れた仕事場ないから万全かなと心配ですが、インストラクターを信じて待ち受けたいと思います。
も、侘しいから早く家に帰ってきてほしいだ。詳しくはこちらから