初夏の新茶が良し時季

今年も春が大方のところ経過して連休明けの初夏空模様、午前も夕刻にもシャツ一枚ですごせる様になれば夏に通う時機だ。
ウェブサイト媒体にもあったけれど、香酢や黒酢の故郷でもある鹿児島では4月年で新茶の摘み始め、2月の立春から数えて88日から手っ取り早い茶摘み。
このブームに興味があるとか新茶を行うという世代は中高年だろうな、若い頃なら緑茶は控えめと思えてコーヒーとか紅茶趣味だったし。
50フィーになったところで緑茶選考にも多少の粘り、食べ物も趣味品でもそうですがテーストというからには風味、悪臭もテーストの現実だと考えて2016年頃の新茶購入することに。
葉の色調としては2015年頃ものは葉の色調にユニークのレベルが程々ですが、今年の新品物ならば5月の新緑ものの良い色調をしています。
お湯は沸かしたら10秒単位で落着かせてから、ティー裏側ならお湯も入れて待つとき数分、浮かん生じるティー裏側の葉が緩くなるまでもっぱら。
お茶はもの静かとしてこそいい味になる、良い渋みが好みならば茶葉を調整できる群れがよろしい、ティーバックを最初から上下にすると相応しい渋みになりませんので。
鹿児島のみならず少しずつ本州品物も出る年、ゴージャスならば玉露、上手なお点前を熟練できたら元金で見繕ってみましょう。神姫プロジェクトR(神プロ)無料登録はコチラ!神姫PROJECT

Posted in 未分類 | Comments Off on 初夏の新茶が良し時季

盲目の歌声喫茶パフォーマンス

歌声喫茶で耳よりライブやるから来て従って年上の女近くに誘われました。
私の時代は「歌声喫茶」って何ですか?ですよ。
恥を覚悟で聞いてみたら、
カラオケが普及する前に歌マニアの手法の憩いの土俵・社交土俵とするカフェがあったらしいです。
カフェの中にアコーディオンを弾く個々がいてその演奏によってみんなで歌うシステムで、
それを実現して近くがライブ解くから来てという誘われたので行って見ました。
昔とさっぱりおんなじシステムではなく、生演奏して、ちゃんと1個々ボーカルの個々が
みんなの知る有名な歌を歌って来ている個々と共に楽しむのが案件だったらしいです。
私の近くはギターを担当していました。こんなにもギターが巧妙だったなんて驚きましたが
もう驚いた事はボーカルの方が盲目の手法だった時でした。
盲目の亭主は自分が盲目だという時に引け目を持っているのですが
視線が見えないから、感情をいっぱいセンシチブに考える事ができると言っていました。
ライブ前に近くから盲目の亭主を紹介されて、
いかなる陳述をかけて上げれば良いのかかなり悩んでいたのですが
「さほど気を使わないでね。貴女は心の優しい人ね」
と言われました。僕が心持ちで思っていた事を亭主は感じ取ったのです。
素敵な人ですな~と思いながら、亭主の歌を聞きました。
その意見はみんなの心に染み渡って極めて熱情をよびました
最後は自然と視線から涙が出ました。「歌声喫茶」をめぐって良かったし盲目の亭主という会えたのも甚だ嬉しい事でした。こちらへ

Posted in 未分類 | Comments Off on 盲目の歌声喫茶パフォーマンス